温泉掘削 井戸掘削 ろ過設備なら山西サク井設備へ

  • 078-596-6190
  • 078-596-6190

防災井戸


防災井戸とは
disaster prevention well


人間が生活していく上で、水は非常に重要な要素です。別項でもお話したように、農業用、工業用、商業用と多岐に渡りますが、何よりも大切なのは飲用、そして生活用ではないでしょうか。
しかし、その水がある日突然失われる事があります。
未曾有の被害を出し戦後最悪の震災と言われる東日本大震災、阪神・淡路大震災といった地震や、関西国際空港が浸水し機能停止した2018年の台風21号、同じく2018年の平成30年7月豪雨などの水害、或いはパイプラインの破損や工事の事故など、天災・人災はいつどこで発生するか分かりません。
無論、災害が発生した際は国や自治体が対策に乗り出します。飲用水は再優先事項ですので、余程の事がない限り、72時間以内には被災者のもとに届けられます。
ですが、被災後の暮らしには飲用水だけではなく、お風呂、お手洗いなど、生活用水が必要となります。水道管がすぐに復旧できればよいのですが、大規模な災害や、或いは地方山間部などでは作業が長引く事があります。事実、阪神・淡路大震災では、長いところでは数ヶ月、断水し続けました。
被災後、飲用水だけならまだしも、生活用水を何度も給水車などへ汲みに行くというのは、非常に労力を必要とします。若い人ならまだしも、お年寄りや身体の不自由な方には非常に酷な作業なのは言うまでもありません。
そのような時、防災井戸は非常に力強い被災者の味方となります。

多くの災害の教訓を踏まえ、防災井戸は、地域防災の要として非常に注目されています。また、国や自治体の補助金が出る場合もあり、各自治体で登録を求めている「災害時協力井戸」の数は年々増加してます。
山西サク井設備では、個人宅、マンションや団地といった集合住宅、集会所などの施設、企業と、規模を問わずお客様のニーズに沿ったプランをご提案します。